うずしの日課

◆コレステロールの地獄◆

相方に卵を買ってきてと頼んだら
帰りの自転車の衝撃で5個ほどアウト。

今日、自転車のカゴに夕飯の買出し袋を入れたとき
あまりの重さで一番上にいれていた卵パックが地面に激突し、7個アウト。

(´・ω・`)・・・・・・・



(´;ω;`)ぶわっ



卵がこれだけ多いと、何作って処理すればいいかわからない。
目玉焼き?
玉子焼き?
オムレツ?
スクランブルエッグ?

なんかこの辺って似てるしね。
茶碗蒸し作ろうと思ったけど、茶碗蒸しって以外と卵個数使わない。
やっぱりケーキとかの方がいいんだろうなぁ・・・・やらないけど。

あ、ちなみに相方に牛乳を買ってきてもらってたのに
間違って今日牛乳買ってきちゃいました。
それさえなければ重さなんぞで卵パック落ちなかったかも。












まあもう牛乳あること忘れてる時点で駄目だっただろうけど

illustrator:卵


スポンサーサイト
  1. 2009/06/26(金) 22:25:09|
  2. イラスト:食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

◆想像するモチーフをイラレで描いてみるテスティス◆

●エクレア(以前絵チャでかいたやつ)を元  →  パスで描いた
●トマト  →  丸型からパス・ワープツールなどを使った。ヘタ部分はパスで描いた
●ブロッコリー  →  シンボルスプレーから形・色を作成。茎部分はパスで描いた

イラレは、パスや変形を用いるので、
描いてみるって感覚より、作っているっていうイメージがおおきいですが・・・
(あれ前の日記と同じこといってる?)

リアルな絵はフォトショのほうがやはり質感なども含めいい感じになります
でもこれはこれで結構たのしいです。
そしてなによりマウスでここまで描けるっていうのは一種の魅力でしょうね。

今回の場合、「こういう絵をイラレで作る場合はどのやり方をすればいいかなぁ」
と考えながら描いたので、シンボルスプレーとかパス変形とかも結構多様しました。

ただし、エクレアみたいなものはやはりパスでしっかり形をとってやらないときつい。
あと、モチーフの質感である光や影のような部分はやはりフリーパスを使用しないと無理。
最終的には腕が釣りそうになるような無駄な力の入れ具合。

この絵の中で、ツールの説明をすれば誰でも出来そうなのは
ブロッコリーくらいかな・・・・それでも時間はかかるけれども。
イラストはやっぱりある程度、自分の手を入れないと良い具合にならないんだなと実感しました。

illustrator:野菜とエクレア


  1. 2009/06/21(日) 08:16:41|
  2. イラスト:食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆イラストレーター◆

イラストレーターで出来ることが増えてきた。

photoshopは、ほぼお絵かきツールとして使ってるせいで、
普段あんまりエフェクトは描けてない。(レイヤー効果は使ったりしますが)
なのでデジタルだけど、アナログ的作業ばっかしている感じの使い方しかしていなかったが
イラレは若干使い勝手が違うので、よりデジタルなイメージのものが出来そう。
↓の目玉焼きなんか質感といい、形といい、典型的にイラレな雰囲気がする。

でも、イラレでは絵を描くという感覚ではあまり使えないので、
「ここをこのくらいの感覚で曲げたい・・」などのちょっとした処理が結構めんどい。
その融通をどう処理するかが問題。

一度イラレで筆圧感知ありで、女の子の線画を描いたんだけど
やっぱり汚いことには変わりなかった。いくらパスデータで線自体が綺麗でも
引きでかいてたらアップにしたときに耐えられない。

あとパスの解除を都度しなければいけないため、髪の毛のような細かい部分を描きづらい。
人によってはイラストレーターで線画を描いてる人がいると聞くけど・・・・
フォトショのパスで線画描くような人でもキツそうだなぁ。
なんせ消しゴムというのが必要ない世界だし
この独特の感覚は好き嫌いが激しそう。

なので私には下絵を描くには向いてなさそうですょ。
ただしイラストレーターで描くものと、フォトショップでかくものを
完全にタイプ分けたらいけそうだけどもね。
イラレであんまり描いたことないから、
自分にとってどういう絵がイラレに向いてるか分かってないだけで。

と・・・なんか結構批判的にとらえられそうな文章かいたけど、
イラレはイラレで出来ることはすごいあるから、そこは結構楽しいのです。
↓見たいな絵を一瞬で出来るっていうのも強みの1つだと思う。


イラレ:スライムイラレ目玉焼き


  1. 2009/06/09(火) 00:44:02|
  2. イラスト:その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4